パーマをかけなくてよくなったこと

私は、20歳ぐらいから、数ヶ月に1度はパーマをかけて、ヘアスタイルをキープしてきました。
でも、数ヶ月に1度のペースでパーマをかけていると、どうしても髪の毛が痛んできます。
それで最近では、ヘアビューロンというコテを使って、毛先をカールしているのですが、ヘアスタイルキープ剤を使用すると、カールが長持ちします。
私が20代の頃には考えられなかったような、素晴らしいヘアアイテムが開発されたおかげで、数ヶ月おきにパーマをかける必要がなくなったのです。
年間のパーマ代が節約できるだけでなく、髪の毛のダメージも減らすことができたから、本当に嬉しいです。
ヘアアイテムだけでなく、現在では、浸けた瞬間から顔のたるみを解消する高級美容クリームなども、たくさん開発されています。
今はまだ高価ですが、価格競争が激しくなると、値下がりしていくので、歳を取っても高性能な化粧品を使えば、見た目年齢を若く見せることができるると信じています。
文明が発展することは、明るい未来が待っていることだと信じて生きていると、毎日がとても楽しいです。